何がベスト?朝食を選ぶときに最も重要なこと!

何がベスト?朝食を選ぶときに最も重要なこと!

朝食を食べた方が痩せる、食べなくてもいい、というような議論が長年行われていますが、最近まで『朝食を食べない』と体重増加になると言われてきました。

 朝食、ティープロテイン、痩せる、ダイエット

しかし、いくら『朝食が大切』だとしても、その朝食に何を食べているか、が最も重要なことです。

 

例えば、朝食に砂糖や添加物たっぷりのシリアル、砂糖たっぷりのジュースを選んでいたのではその朝食がいいものとは言えないでしょう。このような朝食をとっている場合、もしかしたら朝食を取らない方が体のためになるかも知れません。

 

なぜなら添加物、砂糖たっぷりの食事はあなたの血糖値を急上昇させ、一気に下げていきます。そうなると何が起こるかというと、しっかり食べたにもかかわらず数分、数十分後にはまた何かが食べたくなります、そして気分は一時的に満足しますが、その後嫌な気持ちになったりイライラしたりと感情が安定しません。

 

朝食は必要ですが、重要なことは『何を食べることを選ぶか』ということになります。何を食べるべきか?考えた時にまず選んで欲しいものは

【タンパク質を含んでいるもの】を選ぶことです。

 

タンパク質は長い時間、満腹を感じるのを助けます。これは、食欲を抑制する体の信号を活性化し、渇望や過食を減らすためです。

 

いくつかの研究では高タンパクの入った朝食を食べると、ホルモンが1日を通して変化すると言われており、これは1日中、体と心を満たすということにつながります。

 

高タンパクの朝食は、一日の後半にカロリー摂取量を減らすともされ、それらはあなたの食欲調節ホルモンのレベルを改善し、空腹感と渇望を減らします。

 

朝食にどの高タンパク食品を食べるべきか?

 

最も素早く調理でき、みじかなものは卵でしょう。卵は非常に栄養価が高く、タンパク質が豊富!またサーモンなどの魚、シーフード、乳製品も朝食に含める優れたタンパク質源です。(肉類は体質により、朝食に食べると消化に影響するかも知れません。)

 タンパク質、プロテイン、高プロテイン

高タンパクの朝食のいくつかの例

  • スクランブルエッグ:野菜を入れて、オリーブオイルで仕上げて。
  • オムレツ:カッテージチーズやほうれん草を入れて。
  • 豆腐の炒め物:ケールなどの葉野菜と、オリーブオイルなど。
  • ギリシャヨーグルト:季節のフルーツ、ベリー類をトッピング
  • プロテインシェイク:お好みのミルクやフルーツ、ティープロテインなら水とシェイクしてそのままでOK!

 

もし会食などで夜遅くまで食事していたなら、翌朝、まだ体は重く、消化ができていない可能性があります。その時は朝食を取らないでおきましょう。

 

日常的に朝食をとるポイントは【高タンパクをとる】ということ。朝食を食べることを選択した場合は、タンパク質が豊富なものを食べて1日をエネルギー高く過ごしましょう!

 

記事:米国認定ホリスティックヘルスコーチ AYUMI

インスタ:https://www.instagram.com/ayumi_missfit/?hl=ja

HP:https://missfit.tokyo/

 

 

AYUMI